ブログトップ

“月夜の伯爵”の実験室

tukinoyoru.exblog.jp

一行のコトバに 千の想ひを敷き詰めて

何時の日か 声がかかる その時まで・・・




     砂浜に 埋められた 勇者は



     頭だけを地上に のぞかせ



     波に打たれ 



     満ち潮に 溺れ



     夏の太陽に 焼かれ



     冬には 冷たい潮風に 凍える



     誰も 救おうとはしない



     それでも 死ぬことさえ できず



     ただ 波が 砂を さらっていくのを



     待つばかり


     
     砂を食べ 塩水を飲み



     動かぬ手足に



     チカラ 籠めている・・・






     
[PR]
by earl_of_night | 2005-02-09 23:43 | 思考