ブログトップ

“月夜の伯爵”の実験室

tukinoyoru.exblog.jp

一行のコトバに 千の想ひを敷き詰めて

ユメウツツ




       そこに留まりたいと想うキモチと


       そこから逃げ出したいキモチが


       存在する




       喩え 留まっていたとしても


       望むものは 手に入れられないとは 


       わかっているはずなのに・・・




       ボクは そこで ユメを 見ていたいのか?




       ユメが ユメで 無くなり


       そのユメが 失望に変わるときに


       ボクは ようやく そこから


       歩き出せるのかも しれないな・・・
[PR]
by earl_of_night | 2006-06-05 23:42 | 思考