ブログトップ

“月夜の伯爵”の実験室

tukinoyoru.exblog.jp

一行のコトバに 千の想ひを敷き詰めて

食い縛る




       いつしか


       キミは


       ボクのことを


       必要としなくなる時が


       来るんだろうな・・・と




       それでも ボクは


       キミに 笑顔で


       さよならが 


       言えるだろうか・・・




       キミが ひとりで 


       歩いていくことを


       素直に 喜んで


       あげられるだろうか・・・
[PR]
by earl_of_night | 2006-07-09 23:24 | 思考